無垢材、造作材、注文材、窓枠、サッシ額縁、ドア枠、押入材を製造販売。一本でも日本全国へお届け!

HOME >本物の窓枠> 樹脂シート貼り木質建材は、嫌われる建材の第一位です。

樹脂シート貼り木質建材は、嫌われる建材の第一位です。

日経ホームビルダー2004年5月号特集「嫌われる建材」より
廃棄物処理会社140社の声

分別に手間がかかる建材ランキング(複数回答)

1位 樹脂シート貼り木質建材 75社
2位 化粧鋼板と石膏ボード 73社
3位 断熱複合パネル 53社
4位 遮音材付き合板フローリング 48社
5位 樹脂塗装した合板 38社

木質ボードに張られたビニールシートは、はがそうとしても手間がかかりすぎてコストには見合わない。リサイクルできない場合は焼却するしかない。

分別と処理が困難な複合建材は、処理費用を上げるか、受け入れを拒否する。アンケートでこのように回答してきた廃棄物処理会社は1社や2社ではない。
近い将来大量に廃棄されてくるであろう複合建材に対して、危機感をもっている。多くの住宅会社はまさか受け入れ拒否はないだろうとたかをくくっているかもしれないが、処理費用を何倍も取られたり、不法投棄を助長したりする可能性は高い。
(以上、日経ホームビルダー2004年5月号特集「嫌われる建材」より引用)

見栄えが良いから、安いから、手間がかからないからという理由で樹脂シート貼り木質建材は分譲マンションに大量に採用されていますが、このままで良いのでしょうか?

廃棄物となった時に、リサイクルができない材料は、リサイクルができる材料よりも処理費用がかかります。樹脂シート貼り木質建材をはじめとした、処理が難しい複合建材の廃棄物は、今後爆発的に増加することが予想されていますが、複合建材の処理費用が高騰することは十分に考えられますし、処理費用の高騰は不法投棄を招きかねません。複合建材の環境に対する負荷は極めて重いと言わざるを得ない状態です。

住宅に使う材料を選ぶときに、見た目、価格、手間のかからなさで選ぶと樹脂シート貼り木質建材のような複合建材をついつい選んでしまいますが、環境に対する負荷、廃棄物になったときの処理費用を考えると複合建材は使わないほうが無難ではないでしょうか。

住宅に使われた材料が廃棄物となるのは早くても10年後、遅ければ30年~100年後になります。100年後を予測するのは難しいと思いますが、現時点で有効な処理手段のない複合建材を使うことは、自分の子供や孫の世代に、環境負荷を押し付けることにならないでしょうか?

当社は、無垢の木材に蜜蝋ワックスを塗装した「本物の窓枠」を販売していますが、「本物の窓枠」は産業廃棄物になったとしても、粉砕してリサイクルが可能です。
土に還すこともできますし、家畜の飼料、畑の肥料に使っていただくこともできます。これは、木材と蜜蝋ワックスが天然素材だからできることです。

廃棄物になる時のことまで考えて、住宅に使う材料を選ぶ人が一人でも増えることを心から願っています。



投稿者 無垢材・造作材の木村木材工業 :2005年06月01日

■ トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kimuramokuzai.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/695

■ コメントの記入はこちらからお願いします。

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

スパムコメント対策のため、コメント投稿時に下記の文字を入力していただく必要があります。