無垢材、造作材、注文材、窓枠、サッシ額縁、ドア枠、押入材を製造販売。一本でも日本全国へお届け!

HOME >本物の窓枠> 図解:本物の窓枠とシートラッピングの比較

図解:本物の窓枠とシートラッピングの比較

無垢の木材と蜜蝋ワックスで作った本物の窓枠は、 水蒸気を吸収、放出して室内の湿度変化を和らげ、 結露を抑制します。

プラスチックシートを貼ったシートラッピング材は、 水蒸気を放出することができず、 日光の当たる場所では可塑剤の蒸発によってシートが収縮します。

柾目の木材は水蒸気を通しやすく、表からの湿気にも、裏からの湿気にも 対応できます。

板目の木材も水蒸気を通しますが、柾目よりも通気性が劣ります。

シートラッピング材は水蒸気を通しません。通気性がないので腐食しやすくなります。




投稿者 無垢材・造作材の木村木材工業 :2005年07月28日

■ トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kimuramokuzai.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/739

■ コメントの記入はこちらからお願いします。

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

スパムコメント対策のため、コメント投稿時に下記の文字を入力していただく必要があります。