無垢材、造作材、注文材、窓枠、サッシ額縁、ドア枠、押入材を製造販売。一本でも日本全国へお届け!

HOME >ニュース> 残念ですが、赤松下地材を値上げすることになりました。

残念ですが、赤松下地材を値上げすることになりました。

お客様へ
いつもお世話になり、誠にありがとうございます。

マンション用、戸建て用の下地材として、40mmx30mm(インニッサン)等の
ロシア産の赤松を永く使っていただいておりますが、
残念ながら、赤松の下地材を値上げすることになりました。
長年、赤松の下地材を安定した価格で納入してきましたが、
情勢が急変し、残念ながら値上げをせざるを得ない情勢となりました。

一番の原因は、ロシアから日本への丸太輸出が急減したためです。
現在、ロシアから中国への大量の丸太輸出が続いており、
昨年、ロシアから中国への輸出量は日本向けの10倍にもなりました。

そのため、日本に入ってくる丸太が急減し、本来大量に輸入されるべき
時期である2月を迎えても、丸太の入荷が極端に少なくなっています。
従って、丸太の単価も高値安定となり、このままでは日本国内での
赤松丸太挽き製材はごく一部を除き、全て盤挽きのみとなりそうです。

現地(ロシア)で製材される現地挽き製材品もありますが、これも
丸太の高騰を受けて、単価が急騰しております。

マンション木工事の現状を考えると、大変心苦しいところですが、
何卒ご理解のほど、宜しくお願い致します。

詳細については、当社担当者がご連絡致します。



投稿者 無垢材・造作材の木村木材工業 :2006年02月20日

■ トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kimuramokuzai.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/887

■ コメントの記入はこちらからお願いします。

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

スパムコメント対策のため、コメント投稿時に下記の文字を入力していただく必要があります。