無垢材、造作材、注文材、窓枠、サッシ額縁、ドア枠、押入材を製造販売。一本でも日本全国へお届け!

HOME >リンク > その他> 食品と暮らしの安全

食品と暮らしの安全

食品と暮らしの安全について独自の調査を行ない、
消費者のみなさんに「真実」の情報をお届けしています。

『食品と暮らしの安全』はNPO法人と株式会社の2つの法人を持って活動する市民団体です。

市民が資金を集め、食品や暮らしにひそむ化学物質の安全性について自らテスト、
調査を行って調べていこうと、1984年に市民団体「日本子孫基金」としてスタートし、
2004年に「食品と暮らしの安全基金」に 名称を変更し、
2006年に「(株)食品と暮らしの安全」をつくりました。
活動の主体を調査報道におき、月刊誌や出版物で情報を発信しながら、
安全な商品の提供を通信販売で行っています。
私たちの活動は、「食品と暮らしの安全を守り、環境の保全を図るための
先進的な新しい人権擁護活動」と評価され、
2004年に東京弁護士会人権賞を授与されています。

私たちが取り組んできた主なテーマ
食品添加物 ポストハーベスト農薬 消費者を惑わす表示 国際食品規格
 遺伝子操作食品 環境ホルモン ダイオキシン PCB シックハウス
 防虫剤  電磁波 原発 エネルギー 空気・水・土壌汚染 抗生物質耐性菌

食品と暮らしの安全基金のスクープ
レモンが店頭から消えた90年の「日米レモン戦争」、虫が遺伝子操作ジャガイモの
葉っぱを食べて死んでいく97年の「衝撃映像」、
「カップ麺の容器は環境ホルモンなど出しません」と業界が新聞に全面広告を出した
99年の「カップ麺論争」……。
これらは 全て、食品と暮らしの安全が最初にデータや映像を出して、
有害性を指摘したところからスタートしたものです。

ウェブサイトアドレス:http://www.tabemono.info/
食品と暮らしの安全について独自の調査を行ない、消費者のみなさんに「真実」の情報をお届けしています。食品と暮らしの安全<br />



投稿者 無垢材・造作材の木村木材工業 :2007年05月22日

■ トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kimuramokuzai.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1286

■ コメントの記入はこちらからお願いします。

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

スパムコメント対策のため、コメント投稿時に下記の文字を入力していただく必要があります。