無垢材、造作材、注文材、窓枠、サッシ額縁、ドア枠、押入材を製造販売。一本でも日本全国へお届け!

HOME >ニュース> 小若順一 食品と暮らしの安全基金著「生活防衛ハンドブック」に当社が掲載されました。

小若順一 食品と暮らしの安全基金著「生活防衛ハンドブック」に当社が掲載されました。


小若順一さん食品と暮らしの安全基金の最新刊「生活防衛ハンドブック」

当社が掲載されました。食品と暮らしの安全基金様の新事務所を建築する際、
合板と集成材は一切使わずに、国産材のみを当社から購入していただきました。

中国毒ギョーザ事件の際にテレビで小若さんをコメンテーターとして見た人も
多いと思います。私は食品と暮らしの安全基金の会員ですが、毎月月刊誌
「食品と暮らしの安全」
で、本物を見分けるための情報を得て役立てています。

「生活防衛ハンドブック」には、食品に潜む「偽装」や「危険」、住まいの中に潜む
「神経毒」についてわかりやすく解説されています。初めて読む方には
「そうだったのか!」と思うことがたくさんあるでしょう。

知っておいて損のない情報ばかりです。ぜひご一読ください。

下の写真は、食品と暮らしの安全様新事務所が完成したときに撮影した写真です。
食品と暮らしの安全様新事務所の階段です。すべて桧の無垢材、一枚板です。
食品と暮らしの安全様新事務所の内部です。床、柱ともに杉材を使用しています。
食品と暮らしの安全様新事務所の内部です。手すり、窓枠にも杉材を使用しています。



投稿者 無垢材・造作材の木村木材工業 :2008年09月19日

■ トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kimuramokuzai.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1369

■ コメントの記入はこちらからお願いします。

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

スパムコメント対策のため、コメント投稿時に下記の文字を入力していただく必要があります。