無垢材、造作材、注文材、窓枠、サッシ額縁、ドア枠、押入材を製造販売。一本でも日本全国へお届け!

HOME >ニュース> ザ・ストレートグレイン・フローリングが日刊木材新聞に掲載されました。

ザ・ストレートグレイン・フローリングが日刊木材新聞に掲載されました。

3月6日付日刊木材新聞 特集建築・建材展(下)に
当社製品「ザ・ストレートグレイン・フローリング」が掲載されました。

3月9日~12日に東京ビッグサイトで開催される建築・建材展2010
ザ・ストレートグレイン・フローリングを出展します。
また、下記記事でも触れられているカナダツガ・ニュースレター第八号に
当社記事が掲載されています。
展示会当日、カナダツガ・ブースでニュースレターを配布します。
会期中は社長の木村がカナダツガ・ブースにおります。
ご来場を心からお待ちしております。

関連記事
建築・建材展2010にザ・ストレートグレイン・フローリングを出展します。
もあわせてごらんください。

下の画像をクリックしていただくと、拡大した画像で記事を読むことができます。

カナダツガの特性分かる展示
「住宅土台の選定方法」新規配布 カナダツガ・パートナー協会

カナダツガ・パートナー協会(東京都)は、カナダツガの優れた曲げ強度特性と
高い釘保持力を体感できる釘抜きや踏み板などの強度体験コーナーを設け、
カナダツガの特性が分かる展示内容となっている。

併せて、新しく作成した「住宅用土台の選定方法」カタログと「カナダツガ・
ニュースレター第八号」を配布し、来場者に対し改めてカナダツガの良さを
知ってもらえるような展示を行う。

この「住宅用土台の選定方法」は、日本木材防腐工業組合とともに製作したもの。
長期優良住宅法において、国産材のみならず防腐処理土台のカナダツガも
利用が可能であることを解説。加えて今までの認識では無規格材と誤解されやすい
カナダツガグリン防腐土台が、JASに規定するK3相当以上の保存処理木材であり、
構造計算が可能な強度等級材ということが説明されている。

ニュースレター第八号では、昨年行われたセミナー「長期優良住宅の木材選び」
の概要や、カナダツガ採用の実例を掲載。建築士の間で、しっかりとした構造躯体
作りのために長期間にわたってカナダツガが選ばれ、どのように工夫し利用されて
いるのかを紹介している。

このほかに、カナダツガ・アソシエイト・メンバーズの共同展示として、五感(東京都、
前田英樹社長)
と木村木材工業(埼玉県北本市、木村司社長)が共同開発した
カナダツガの幅広極柾目フローリング「ザ・ストレートグレイン・フローリング」の展示
が行われる。同フローリングは、カナダツガの大径木を生かした、端から端まで
途切れることのないまっすぐな柾目が特徴。ヤニの出ない同フローリングで、
来場者が、ほかの樹種にないカナダツガの美しさと特徴に触れられるものと
なっている。



投稿者 無垢材・造作材の木村木材工業 :2010年03月06日

■ トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kimuramokuzai.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1467

■ コメントの記入はこちらからお願いします。

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

スパムコメント対策のため、コメント投稿時に下記の文字を入力していただく必要があります。