無垢材、造作材、注文材、窓枠、サッシ額縁、ドア枠、押入材を製造販売。一本でも日本全国へお届け!

HOME >ニュース> 日刊木材新聞に掲載されました。

日刊木材新聞に掲載されました。

日刊木材新聞(平成22年3月9日付)に掲載されました。
2月のジャパン建材フェアに、カナダツガ・アソシエイト・メンバーズとして
出展した際に取材されたものです。

3月12日まで東京ビッグサイトで開催中の「建築・建材展2010」にも
カナダツガ・アソシエイト・メンバーズとして出展しています。
下の画像をクリックしていただくと、拡大した画像で記事を読むことができます。

共同展示で接点の少ない工務店にもPR 木村木材工業

カナダツガ無垢造作材の老舗である木村木材工業(埼玉県北本市、木村司社長)は
2月12~13日に東京ビッグサイトで行われたジャパン建材フェアのカナダツガ・ブースに
おいて、アソシエイトメンバーズの特典である共同展示を行った。
木村社長はメンバーに参加したことでの利点について次のように語る。
「これまでカナダツガ・パートナー協会(以下協会)は、商談での紹介はあったものの、
展示会やセミナーで特定企業の製品を取り上げることはなかった。しかし、
カナダツガ・アソシエイト・メンバーズの設立により、協会が出展する展示会や
ビルダー向けのセミナーに、メンバーとして参加することが可能になった。
ビルダーとスムーズに接点を持つことが、将来に向かって良い関係を築くきっかけと
なっている。展示会では具体的な製品展示を行うことで来場者に対して、
わかりやすい形でカナダツガの良さを表せ、普段接点のない工務店や販売店に
PRすることができた。」
今後の期待として「カナダツガ・スタンプが施された見本をウェブサイトに出せば、
効果があると考える。カナダツガ・スタンプを見えがかり面(室内から見える面)
に押すのは問題があるので、当社の商品では裏側に押すなどの対応をする予定だ。
またカナダツガが強度のある木材として認知が広がっている半面、サステイナブルな
木材である利点を活用しきれていない。そのため当社ではCOC認証の取得を含め、
一般の人に分かりやすい認証材の証明として、赤い家のカナダツガ・マークを
使えればと考えている」とした。



投稿者 無垢材・造作材の木村木材工業 :2010年03月11日

■ トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kimuramokuzai.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1468

■ コメントの記入はこちらからお願いします。

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

スパムコメント対策のため、コメント投稿時に下記の文字を入力していただく必要があります。